閉じる

goTop

株式会社さかとういす

椅子張りという職業

みなさんは「椅子張り」という職業をご存知ですか?
ここでは、簡単にさかとういすでお仕事と技能検定「家具製作(椅子張り作業)職種」についてご紹介します。

さかとういすの主な仕事は大きく2つ。

1つは、椅子を作る仕事

さかとういすオリジナルの椅子やソファー、一般のお客様やメーカー様から依頼された椅子をご希望の形や座り心地に仕上げています。
そのためには、いつ・どんな用途でお使いになるかなどお聞かせください。
ご予算にあわせて、下地やウレタンの硬さ、生地の種類などご提案させていただきます。

もう1つは椅子の修理・張替えの仕事です。

椅子やソファーの壊れた箇所を修理して古くなった張地(ソファーや椅子に使われる生地)を張替え、見違えるように綺麗にします。
張替えという作業は新たにつくるよりも手間がかかりますが、思い出とともに長くみなさんにお使いいただける椅子に生まれ変わります。

家具製作(椅子張り作業)技能検定をご存知ですか?

家具製作(椅子張り作業)技能検定とは。

大阪椅子張業組合親和会は大阪府職業能力開発協会より技能検定「家具製作(いす張り作業)職種」の実技試験の実施協力団体として申請書の受付、実技試験の実施をしています。

技能検定は職業能力開発促進法に基づき実施されています。
国(厚生労働省)が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県が行います。受験申請書の受付、試験実施等の業務は各都道府県職業能力開発協会が行います。

この技能検定は1級・2級家具製作技能士の資格を得る為の国家試験で実技と学科試験があり1級合格者には厚生労働大臣名、2級合格者には各都道府県知事名の合格証書が交付されます。
なお、技能検定の合格者は職種・等級を表示して「技能士」と称することができますが、技能士以外がこの名称を用いることは禁止されています。

実技試験について。

【1級】
規定の実務経験があり、昔ながらの技法と材料での張り方を修得できた者
【2級】
規定の実務経験があり、現在多く使われている技法と材料での張り方を修得できた者

※こちらの内容は、大阪椅子張業組合親和会ホームページより 転載させていただきました。
実技試験の内容など詳しくは、大阪椅子張業組合親和会ホームページをご覧ください。